我が社の魅力

charm1
興味さえあれば文系理系関係なし!IT業界について一から学び成長できる!
charm2
社員数が少ない分コミュニケーション密にとれる、仲間を近くに感じる職場!
charm3
設立したての企業だから怖いものなし。やりたいことにどんどん挑戦できる!

写真:ファイブヴィレッジ(株)イメージ

ファイブヴィレッジ(株)

南予をソフトウェア開発拠点に!
ITで愛媛を元気にする注目企業

この人に聞きました

写真:家森 康徳

家森 康徳

食品工場より転職、平成26年2月入社

写真

会社のコト

ファイブヴィレッジ(株)は東京の親会社からの委託を受け、企業向けの管理ソフトウェアを開発するシステム開発会社として、平成25年11月設立した。製造を海外工場に委託する企業が多い中、「地方にある資源や人材を利用すれば、日本人の細やかな気配りや感性を生かし質の良い製品が作れる」と語る鍋嶋社長。「ITで地域を元気にしたい。愛媛にとってなくてはならない存在になりたい」という言葉に強い地元愛を感じた。

仕事のコト

「設立して間もないため社内での細かいポジションはなく、全員が役割を分担しながら仕事をしている。そのため自分で、みんなで、会社を作っているという実感がある」と話す家森さん。入社前は食品工場で勤務されていた。「大変なことはITに詳しくないお客様に自分の思いを伝えること。嬉しいことは高度な技術を身につけ、入社時の自分と比べて成長を実感できること」仕事について語る家森さんの表情はとても活き活きしていた。

写真:jinzai_180.jpg

多様な人材から見た会社の魅力  【若者編】

平成28年8月に入社した前橋克則さんに、お話しを伺いました。
前橋さんは、大学卒業後会計士を目指し、フリーターをしながら勉強を続けていました。

会社の良いところ、働きがい、働く魅力について・・

■鍋嶋社長と同郷だった事から、地元の知人に紹介され、ITに余り興味はなかったが地元に貢献したいという思いもあり入社。今は、初めてプロジェクトメンバーに入り、研修の時とは違い、「責任」が自分の中に芽生え、さらに学べる事が楽しくて、会計士ではなくこのファイブヴィレッジ(株)でずっと学び成長して行きたいと思える様になった。プログラミングを覚える自信が無くなり、悩んでいる時、先輩が「全部理解しなくても大丈夫、失敗しながら経験しながら出来る様になればいいんだよ」という言葉で、気持ちが楽になり乗り越えられました。質問したら必ず答えを返してくれる先輩達、会社全体で育成に関わってくれる会社が西予市にもあるという事を、もっと沢山の人に知って貰いたい。

会社のぞき見スケッチ!

オフィスは仕切りがなく、仕事のこともプライベートのことも気軽にコミュニケーションがとれる空間。

取材の際、ダイエットコーヒーをいただいた。社長さんも普段飲んでいるのだとか。

宇和島東高校で授業の枠を頂き。実際にITプログラミングを生徒さんに体験学習してもらった時の様子。

社内で定期的な勉強会を実施。ソフトウェア拠点をつくっていくためには、日々の啓蒙活動が大切!

*

私が社長です!

写真:社長

代表取締役 鍋嶋 正孝

写真:社長

▲クリックで拡大

若者レポート

◆◇◆経営者からお話しをお聞きして◆◇◆

社長は何より地元が好き、だからこそ、ICT技術で地元に貢献し、地元を愛し、地元に愛される企業として仕事がしたい!という強い思いで、西予市に会社を設立されました。地元にエンジニアを増やし、日本中のシステムを愛媛で作れる様になり、実力と実績を積み重ね、いつかは海外から愛媛に仕事が集まる様、着々と前へ前へと進んでいる、パワー溢れる会社です。一人一人が淡々と仕事をしていて、無駄口を叩かない緊張感が張りつめた職場と、ITに勝手なイメージがあったのですが、一度覗いてみて下さい。南予の優しい人ばかりの温かい会社です。(愛workスタッフ)

◆◇◆マルワカリ学生スタッフの取材後記◆◇◆ 【エミリー】※ニックネームで掲載しています。

今回取材をさせていただいたファイブヴィレッジ(株)さんは昨年設立したばかりのできたてほやほやの企業さんです。オフィスも新しくきれいで、ものが少ない!というのが印象として残っています。これから会社の歴史と共にいろんなものがこの空間に詰め込まれていくのだと思うとわくわくしました。
私は初めてのマルワカリweb取材で緊張していましたが、社長さんも社員さんもとても親切な方で安心しました。IT業界については全く知識のなかった私にも分かりやすいように、資料や例を出して丁寧に説明してくださいました。社長さんのお話を聞いてITは未来の生活には必要不可欠で、これからの産業に大きく影響を及ばす業界なのだということを強く感じました。
記事で主に書いてあるシステム開発以外にも、IT技術を教え、将来愛媛のIT業界を担う人材を育成するための教育システムの整備も計画中。
「ITで困ったらここに来ればいいとみんなから思ってもらえる、ITのコンビニのような存在になりたい」という社長の言葉が印象的でした。何事も恐れず挑戦する、頼りがいのある社長さんと、仲の良い社員さん。抜群のチームワークでこれからどんどん発展していくのだと思います。

会社データ

    ■社名:ファイブヴィレッジ(株)
    ■主な事業内容:ニアショアシステム開発事業、システムソリューション事業、ICT関連商品販売事業
    ■事業所:西予市本社/西予市宇和町卯之町四丁目668-7KDビル2-2号、愛南営業所/南宇和郡愛南町城辺甲1988番地城辺商工会館3F
    ■代表者:代表取締役 鍋嶋 正孝
    ■設立:平成25年11月22日
    ■従業員数:19名(男性:14名、女性:5名)
    ■関連会社:エンザントレイズ株式会社
    ■ホームページ:http://fivevillage.co.jp/
    ■採用情報:http://fivevillage.co.jp/recruit

■取材日:2014年11月29日

■最終情報更新日:2018年05月31日