我が社の魅力

charm1
「発想力」求む!工学部だけじゃない?自分の頭で考えることが好きな人にピッタリ!
charm2
福利厚生制度が充実!育休制度を利用し、復帰後活躍している社員さんも!
charm3
「設計」=「堅そう」だからこそ!話しやすい環境づくりに積極的に取り組んでいます

写真:(株)興新設計イメージ

(株)興新設計

産業機械の設計で安定を実現!
様々な新技術にも携われる!!

この人に聞きました

写真:鶴岡 衛

鶴岡 衛

松山大学 経営学部卒
平成28年入社

写真

会社のコト

製鉄・非製鉄機械や自動車機械、半導体・液晶製造装置等の設計まで幅広い産業機械の設計を行う。宇宙や先端医療に関する機械設計に携わることもでき、常に新技術の依頼が来ており、業績は非常に安定している。日々進歩しなければならない中で業績が安定しているのは、社員全員が意欲的に技術を勉強し続け、柔軟な発想力を持つプロ集団だからだ。今後は更に多くの依頼に応えるため、新しい分野に興味がある社員を増やしたいそうだ。

仕事のコト

経営学部出身の鶴岡さん。入社して初期のころは文系出身だったこともあり、分からないことが多かったが、現在は図面をサクサクと自分で進められるようになり、仕事の楽しさや成長を実感できているそうだ。会社にはやり始めたら夢中になって仕事をするタイプの社員が多く、職場は非常に静か。「早く、正確に」を心がけながら1日中ほぼ設計をし続けるそうだが、集中して図面を書くことができる環境が整えられている。

会社のぞき見スケッチ!

忘年会にて。定期的なコミュニケーションの場があります!

毎日行われる朝礼。ピシッと気が引き締まります。

マラソン大会に共に出場することで団結力も深まります。完走おめでとうございます!

お昼はお弁当が用意されています。社長との距離が近いことに驚きです!

*

私が社長です!

写真:社長

代表取締役社長 筒井 浩文

写真:社長

▲クリックで拡大

若者レポート

◆◇◆マルワカリ学生スタッフの取材後記◆◇◆※ニックネームで掲載しています。

 「設計会社」と聞いて「難しそう、堅苦しそう」のようなイメージを持ち、緊張しながら訪問しました。ですが、社長さんのお話を伺っているうちに、最初持っていたイメージは崩されました。「設計という仕事はコミュニケーションをとり辛い業種。だからこそ意識して話のしやすい環境づくりを。」社長さんのお言葉が印象に残っています。社長さんのもとに社員の方が直接相談に来たりと、人の意見が素直に行き渡る現場が実現されていると感じました。
 これだけではありません。女性が活躍できる場を作っていることも素敵だと感じました。設計の業種はまだまだ女性が少ないため、女性が働きやすい職場にするため育休制度を整え、育休から復帰しても時短勤務等で長く働くことができる会社を目指しているそうです。
 「設計」の固定化されたイメージを逆手に取り、職場の環境整備に力を入れていることは、女性社員を増やしたいと思っていらっしゃる興新設計さんの強みではないかと考えました。そして、社長さんの「長く働ける職場に」という思いがつまった会社だとお話を伺った際に感じました。(米澤)

会社データ

    ■社名:(株)興新設計
    ■主な事業内容:請負設計業務、派遣業務
    ■事業所:新居浜事業所/愛媛県新居浜市久保田町2丁目1番67号
         大阪オフィス/大阪市中央区谷町3丁目2番2号 セブン谷4ビル7F
    ■代表者:代表取締役社長 筒井 浩文
    ■設立:昭和45年5月
    ■従業員数:47人(男性42人 女性5人)
    ■売上高:4億2,270万円
    ■これまでの採用実績:工学部・理学部・経済学部・経営学部・農学部
    ■ホームページ:http://koshin-n.co.jp/company/

■取材日:2018年09月25日

■最終情報更新日:2018年10月30日