我が社の魅力

charm1
水産のみならず、農産にも商品展開。 地元愛から地産地消で更なる貢献!
charm2
地元はもちろん、全国規模で活躍中。 目指すは、世界という大舞台!
charm3
約38%の加工小魚のシェアを誇るオカベの商品は、学校給食にも提供されている!

写真:(株)オカベイメージ

(株)オカベ

業界初のHACCPを取得!
独自のアイデアで新商品開発!

この人に聞きました

写真:木ノ下 康司

木ノ下 康司

愛媛大学 法文学部卒 平成23年入社

会社のコト

加工小魚の珍味を中心に高いシェアを誇るオカベは、5つのグループ会社で製造からパック包装、通信販売まで自社で担っている。また、瀬戸内近海で採れる水産物をメインに地元農産物加工にも着手している。そこには、地元に貢献したい、多くの人に食べて貰いたいという強い想いがある。タイ工場ではイスラム教の人が安心して食べられる証のHALALを取得し、今後は地元に重きを置きつつも、グローバルな活動に目を向けている。

仕事のコト

地元伊予市で幼い頃から海産物に触れてきた木ノ下さん。学生時代の地域貢献の活動を経て地元就職・貢献の想いからオカベに入社した。入社半年で営業マンとして独り立ち。週の5~6日は担当エリアの中四国で、イベントなどで出会ったお客様に新商品の紹介、飛込みで新規開拓をするのだとか。仕事の9.5割は大変だと話す一方で、新規開拓が出来た時や自分が提案した商品が店頭に並んでいるのを見た時にやりがいを感じるそうだ。

会社のぞき見スケッチ!

法被を着て、やる気満々! 日頃関われない他部署の社員との関わりは、会社のことを更に知るチャンス!

生産するものにより、検査の方法も異なる! ここでの確認が、オカベブランドの安全性向上に繋がる。

『健康』、『安全』、『安心』を繋げるパイプ役。その先にある、笑顔のために。

分からないことがあれば、その都度聞ける職場環境。 仕事に対する想いを日々みんなで共有!

*

私が社長です!

写真:社長

代表取締役社長 岡部光伸

写真:社長

▲クリックで拡大

若者レポート

◆◇◆編集後記◆◇◆
取材スタッフの取材後記です!ニックネームで掲載しています。

【オッチーの取材後記】
今回の取材は自分の食生活について、考え直すきっかけとなりました。
社員さんの健康に対する意識が高く、日頃から他社の商品と比較したり、こんな商品があればと考えてらっしゃるのだとか!
お土産に頂いた『そのまんま』という商品を帰って頂いたのですが、カルシウムがたっぷり詰まっていますし、何より小さなお子様でも口の中でとけるので食べやすいですよ!
素材にふれるという意味でも一度オカベさんの商品を手に取ってみてはいかがでしょうか?

【編集長の取材後記】
オカベの商品はよくスーパー等で見かけますが、会社を知ったのはこの取材が初めてでした。自分が普段目にしている商品を製造・販売している人に会うのは面白いですね。
さて、マルワカリWEBには載りきらなかったオカベの話。
みなさんオカベのHPをご覧になりましたか?オカベは全国にまんべんなく商品をお届けしているのですが、営業拠点は愛媛本社と東京営業所の2か所しかありません。実は営業の人は自分の担当エリアへは車で出張というのが基本的なのだそう。そのため、月曜の朝に出発して、金曜の夜に会社に帰ってくるということも。しかも、1日の営業の中には次の訪問先が50km先という時もあるのだとか。話を聞くだけだと、とても大変そうに思いますよね。しかし、そう話す木ノ下さんの顔は笑顔。仕事に誇りを持ち、やりがい・充実を感じている姿は素敵でした。

愛WORKナビ 求人情報
対象
採用職種
 
 

会社データ

    ■会社名:株式会社オカベ  
    ■関連会社:株式会社宇和海、株式会社伊予乃国、株式会社セトクイーン、THAI OKABE PROMOTION CO.,LTD.
    ■所在地:〒799-3195 愛媛県伊予市市場150番地
    ■TEL:089-983-1230
    ■創業:昭和49年2月
    ■資本金:5,000万円(グループ計 10,400万円)
    ■社員数:119名
    ■施設内容:農水産加工品製造・販売
    ■ホームページ:http://www.okabe-group.com
    ■採用ページ:http://www.okabe-group.com/recruit/index.html
    ■愛媛のスゴ技ページ:http://www.sugowaza-ehime.com/detail01.php?id=128

■取材日:2012年07月26日

■最終情報更新日:2018年07月31日