お仕事まるごと研究所 TOPページ > 「エンジニア」の研究結果 > 「電気通信設備工事」のエンジニア

「電気通信設備工事」のエンジニア

清水 保行さん
31歳
愛媛県
13年目
パーソナルデータ
「電気通信設備工事」のエンジニア

企業データ
社名 株式会社イオタオーエーシステム
事業内容 電気通信設備の販売・施行・保守、その他
http://www.iotaoa.com/

わたしの『お仕事』

経験に基づく知識や想像力を総動員して仕事を進めます
自分が手がけた難しい案件が完成すると嬉しさもひとしお

各携帯電話事業者(キャリア)から依頼を受け、携帯電話がどこでもストレスなく使えるよう、
携帯基地局(アンテナ)を設置する業務を担当しています。
私は、自分も作業をしながら若い作業員に指示を出し、工程・品質・安全管理を行う、
いわゆる工事責任者です。
キャリアから「ここに設置してほしい」と場所を指定される場合もありますが、
「このエリアをカバーしたい」という要請を受けて、アンテナを立てるのに最適な位置を
こちらから提案することもあります。
その場合、土地の所有者との交渉や設計、実際の施行までをトータルで請け負うことになります。

わたしの『お仕事』

スムーズで「つながりやすい」通信環境のために
自分の仕事にプライドを持って常にいいものを提供

私は発注元であるキャリアと、実際に作業をする人たちとの繋ぎ役です。
キャリアの事情も現場の状況も理解していますから、双方納得がいくよう、
いかにうまく調整するかに心を配っています。言い分を聞くだけではなく、
自分から最善策を提案したりとリードしていく力も必要ですね。
これだけ一般的で、生活になくてはならないツールになっている携帯ですが、
ただ通話できるだけでなく、スムーズに使えて初めて「使いやすい」と言ってもらえるものです。
私たちはそれを支える裏方で、世間によく知られているような華やかな仕事ではありませんが、
自分たちが通信網を支えているのだという誇りとプロ意識を持って、日々業務に取り組んでいます。

わたしの『お仕事』

私の今日のスケジュール
7:00
出社
 メールチェック
 1日の予定確認
8:00
始業
 作業場所へ向けて出発
 現地到着後、作業の準備
9:00
作業開始
作業員や業者とのミーティング・打ち合わせ
 現場監督
 (途中15分休憩)
12:00
昼食(弁当)
13:00
作業再開
 作業に関する細かい確認・判断をし、指示をする
 現場で判断できない案件は携帯会社に連絡、指示を仰ぐ
    (途中15分休憩)
16:30
作業終了、片付け
17:00
帰社
 翌日の予定確認、作業の準備
 メールチェック
18:30
退社
 ※出社・退社時間は、当日の予定等によって
  変わります。



こんな人にオススメ!

気遣いが細やかで、人と接することが好きな人にオススメ!

施行スケジュールや作業の準備など、気を遣わなければならないことがたくさんあります。きっちりと計画的に、正確に仕事を進める力や、細かい気遣いが重要ですね。また、この仕事はキャリアや実際に作業をしてくれる作業員の方、業者さんなど、様々な人との調整役でもあります。交渉事も多いので、自分の意見や要望をはっきりと伝えられる人に向いていると思います。

こんな人にオススメ!

業務のオモテ・ウラ

街なかはもちろんなのですが、山間部や離島など、どのような場所でも携帯はつながって当たり前、という時代になってきています。そのため、普段であれば行かないような場所へ行き、雨や雪の中で作業をしなければならないこともあります。現場は“生き物”ですから、そのときその場で臨機応変に判断を下し、安全に作業を進められるよう配慮するのが私の仕事です。責任重大ですが、その分やりがいもありますね。

動画でチェック!

電気通信設備工事のエンジニアってこんな仕事

1 現代の情報通信網を支える縁の下の力持ち
2 細かい気遣いとリーダーシップが大切な仕事
3 変化する現場に臨機応変に対応する力が必要
ページTOPへ