若者の採用や定着に成功している元気な企業を紹介。人づくりの情報を収集したい企業の皆さんのためのサイトです。

サイトトップ企業ストーリー|株式会社ウォンズ

正社員採用と社員教育で急成長を遂げる、業界のトップランナー。

株式会社ウォンズ

自由で活気のある社風を醸成し、若い力を最大限生かす平均年齢30歳と若い人材で構成されていることも当社の成長の源泉となっています。ボトムアップで上司との垣根なく、社員が積極的に業務改善や職場の環境改善を提案できる風土が根付いています。「努力と貢献が還元される」報酬や人事制度で「社員さんのやる気を引き出す」仕組みをいち早く構築できたのも、現在の成長につながっているのではないでしょうか。 「WONS(ウォンズ)」は「World Office Network Service」の略。ITを通じ全世界のビジネス界に存在価値ある企業を目指すというビジョンを社員さんと共有し、組織としてのモチベーションを高めています。

代表取締役
二宮徳仁
地元の高校を卒業後、プロのミュージシャンを目指して上阪。そこで出会ったアルバイト先の上司がリーダーに目覚めた原点。母親が体調を崩したのをきっかけに家業である魚の仲買商を継ぐも不慮事故に遭い、右目を失明「本当にやりたい仕事をやろう」とIT業界に飛び込む
課題
大手通信企業との提携で社員数を100名規模へ増やすことに。社員教育が急務となった。
改善策
採用
・正社員の採用が87%(業界平均は15%)。
・毎年新卒採用を実施。
・採用PRの際にキャリアプランを明示(ホームページ)。
育成
・社内の体制づくり、管理力向上のためにマネジメントのプロをヘッドハンティング。
・スタッフそれぞれの明確なキャリアプランを構築。
・社内における教育・研修をマニュアル化。
・評価制度、報酬制度を明確に構築。
・企業間インターンシップで幹部候補を育成。
・社内イベント(アワード)の充実。
定着
・アジアの頂点を目指すという、長期ビジョンを共有。
・5S活動、ESの追求。
・女性による社内改善チームを結成。
・社内で産業カウンセラーを育成し、3カ月ごとの面接を徹底。
成果
高い顧客満足度を誇り、国内有数のITコールセンターに成長。
企業ストーリー

急成長の陰で社員育成に課題

ウォンズはパソコン教室、ホームページ制作会社として1998年に創業された。2004年にコールセンター事業に進出。2008年には東京を拠点に全国的なブロードバンドサービス事業を手掛ける株式会社ドゥーイングと提携。現在では地方に本社を構えながら、質の高いサービスが評価され、全国有数のIT系コールセンターとして急成長を遂げている。しかし、その陰で社内教育に大きな課題があった。3年半前、規模拡大のために新卒を大量採用したが「全社員の30%を占める一大勢力となり、育成には苦労した」と当時を振り返る。

マネジメントのプロを獲得して若手育成

「社員の成長こそ社の成長」と考える二宮社長。そこで、他社で活躍していたマネジメントのプロをキャリア採用。研修をはじめとした育成システムを構築した。また、一方で社員全員に平等なキャリアアップチャンスを与えるため評価制度の充実も図る。人事考課では個人の能力を数値化。貢献度に応じて昇給・昇進するシステムを構築した。特別コミッションやプロジェクト手当も支給。年に1度『WONS AWARD』を開催し、成績優秀者には、賞金・商品を贈呈するなど、社員のモチベーションアップも図っている。
企業間インターンシップにも積極的だ。幹部候補生の育成を目指すとともに、他社の空気に触れることで刺激を受け、社員が学んだことを積極的に社内に取り入れた。また、社長も定期的に開催される経営合宿に進んで参加。「会社は社長の器以上にはならないということを教えられた」と自らの成長も促した。

人を活かす環境づくりと女性社員の地位向上

「一人ひとりが長期的にキャリアを積み重ねることで組織も強くなる」と考える二宮社長。安心して未来を描けるよう正社員での採用を原則とした。同社の正社員比率は現在87%。業界の平均は30%と、その差は歴然だ。
さらに、精神面で社員をサポートするため、社員2人に産業カウンセラーの資格を取得させた。現在、3カ月に1度は社員全員がカウンセリングを受けている。「普段は上司に届かない話が吸い上げられるようになった」「悩みやストレスを打ち明けられて楽になった」との声が届いている。また、二宮社長には「コールセンターは女性こそ活躍できる職業」という考えがあり、5年後には女性の管理職を30%にする目標を掲げている。そのため、「女性が働きやすい、優しい職場づくり」を目指し、女性専用の社内改善チームを結成。女性の目線から意見を出し合い、社内環境の改善に取り組んでいる。

新卒採用と教育、正社員登用と低い離職率が、高い顧客満足度を支える

「社風を社員みんなでつくっていこうという雰囲気が醸成されてきた。帰属意識も強い」と胸を張る二宮社長。業界では一般的に30%といわれる離職率も4.7%と低い。また、創業当時は考えられなかった有名大学の学生が採用エントリーするようになった。その好循環は人材領域にとどまらず、企業の成長にも大きな追い風となった。質の高いサービスが評価され、各種調査で全国有数の評価を得ている。
同社のオフィスビジョンは「社員さんひとりひとりが輝き 互いに助け合える 仕事が楽しい職場を創ること」そして、ビジネスビジョンは「2020年、コールセンター再生事業会社としてIPO実現。売上100億円企業」と壮大。その根底にあるのは「おもてなしが行き届いたサービス」。社員一人ひとりの確かなスキルと仕事に対する真摯な姿勢が高い顧客満足度を支えている。今後も、地元からの挑戦に注目だ。

「社長の思いに惹かれてIターンした」とマネージャーの鈴木氏。人材採用・育成を担う

社内イベントでは、今後の方針を共有し、社員全員の団結力を高めている

カウンセリングにより社員をサポートする環境を整えている

会社はこう変わった

量・質ともに、国内有数のコールセンターとしてのポジションを確立地方に本拠地を持つ企業でありながら、インバウンドの仕事(お問い合わせなどお客様の電話を受ける仕事)を中心に月間5万コールを処理する国内有数のコールセンターとしてのポジションを確立。国内外10社のコールセンター拠点評価ランキングでもナンバーワンを連続受賞。 売上規模に対して収益力も高く、それが人材への再投資へとつながる良い循環を構築している。

今すぐできるはじめの一歩! 1.企業のビジョン(中長期目標)を策定し、社員と共有しましょう。
2.女性が働きやすい職場環境を、女性自らが考えて提案できる機会を設けましょう。
3.表彰制度等を設け、「褒める」前向きな文化を醸成しましょう。

企業データ

企業名:株式会社ウォンズ
住 所:愛媛県宇和島市新田町1丁目1番41号
設 立:1998年4月 
従業員数:95名(2013年12月現在)
http://www.wons.co.jp/
【事業内容】
コールセンター業務、システム&ソフトウェア開発業務、パソコン修理&サポート、パソコンスクールの運営、ホームページ制作&保守、ECサイト運営支援、デジタルデザイン全般

※本記事内容、データにつきましては、取材時(2014年1月)の情報です。

▲ページのトップへ戻る