【第38回】~「気づき力」で人生を豊かに~

みなさん、こんにちは。
6月は体調管理の難しい気候に加えて、唯一祝日のない月です。ゴールデンウィークが終わると、次の祝日は7月の海の日。先日、あるテレビ番組で「有給休暇を使って、6月にも自分で連休を作ってしまおう」(ムリ!!という声も聞こえてきそうですが)というコメントを耳にしました。発言者の意図は、“働き方改革”ならぬ、“休み方改革”ということで、「来週、連休だ」と思えば気分も楽になり、モチベーションも上がるからといったものでした。確かに、楽しいことが待っていると、ウキウキ、ワクワクして、自然と笑顔になりフットワークも軽くなりますよね。

私たちの気分は未来の予測や過去の出来事に左右されることが多くあります。先ほどのように、楽しみがあることでモチベーションが上がればいいのですが、気が乗らないことならその逆の気分になることもあります。まだ見ぬ未来への憂いから、不安になったり憂鬱になったりもします。過去の出来事を思い出して落ち込んだり、不安や怒りの感情が消えないこともあります。未来や過去に囚われて考え込み、ふと気づくと行動が止まっている、そんなこともあるでしょう。そして我に返り、気持ちを切り替えようと努める。みなさんそれぞれに気持ちを切り替える方法を持っていると思いますが、最近注目されている「マインドフルネス」も効果があるんですよ。

瞑想? 怪しいんじゃない?

いえいえ、決して怪しくありません。しかも瞑想だけではありません。日常のあらゆる場面で「いま、この瞬間」に意識を向ける「気づき」のトレーニングで、脳科学の分野でもその効果が証明されている実践法なのです。

マインドフルネスを社内で取り入れ、個人と組織が劇的に変わったことで有名なGoogle。そのGoogleで講演を行ったベトナム人僧侶ティク・ナット・ハン氏の言葉を引用します。

「いまここに戻れば、あなたはすでにここにあるたくさんの幸福の条件に気付くだろう。
気付きの修練とは、自分自身、自分の人生と深く出会うために、いまここに戻ることだ。」

マインドフルネスは、究極の自己理解法だと私は感じています。いまこの瞬間の感情や思考に気付き、身体の反応、行動に気付く。その気づきは自己受容、自己変容につながり、さらに他者受容につながります。Googleでも社員の自己認知力・自己制御力が高まったことで共感力が増し、チームワークが向上したという効果が報告されています。

日本でマインドフルネスを取り入れている企業はまだまだ少ない状況ですが、ジョブカフェ愛workでは昨年から未内定学生を対象としたセミナーでメンタルトレーニングの一つとして取り入れています。ストレッチで体をほぐし、最後に5分間程度の瞑想をします。初めは半信半疑の学生も実際にやってみると、

・たった5分なのに、頭がスッキリした!10時間くらい寝たみたい。
・景色が明るく見える!
・無意識に身体に力が入っていたことがわかった。
・緊張がほぐれた!
・気持ちが落ち着いた!

などなど、スッキリ感を味わう方がたくさんいます。受講後は姿勢がシャキッ!表情も明るい!面接前に実践すると第一印象もUPすること間違いありません。1回でこの効果、日々継続するとさらに気付きの深まりを実感できることでしょう。

そしてこの度、在職者の方のためのセミナーでも登場します!7月7日(土)「こころとからだの整え方セミナー」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マインドフルネスを体験し、日々の仕事を、
そして自分の人生を豊かなものにしてみませんか?
お申し込みはジョブカフェ愛workまで、お電話かメールにて承ります。

その他、働いている方を全力で応援するメニューとして
「ライフキャリアチェック」
「社会人のためのスキルアップ相談」
「産業カウンセラー相談」
を実施しています。どうぞお気軽にご利用ください。
ジョブカフェ愛workは「地域(まち)のキャリアセンター」

として、皆さんの人生を応援していきます。

 

 

~若者を育てる 大人が変わる~
ジョブカフェ愛work(愛媛県若年者就職支援センター)
相談グループ・キャリアコンサルタント 中田めぐむ

 

2018年06月28日更新 | カテゴリー:お知らせ, 企業の方, 愛媛の経済サイト E4, 教育機関・保護者の方