【第31回】~人生100年時代を迎える~

コラムをご覧のみなさま、初めまして。キャリアコンサルタントの清家千尋です。愛work勤務歴12年の間に、結婚、出産、復帰を経験し、現在も男児二人の子育てに奮闘中です。そして、我が子の成長を傍で感じながら、子どもたちが生きてゆくこれからの時代を想像することも楽しんでいます。

さて、今世紀末には人生100年時代を迎えるといわれています。遠い先のことのようですが、今現在の子どもはまさに人生100年の世代。さらに、人材論・組織論の世界的権威として有名なリンダ・グラットン氏の著書「ライフシフト」によれば、今40歳の人は95歳まで、60歳の人は90歳まで生きる確率が半分もあるのだとか。ならば長寿をありがたいプレゼントと受けとめて、心も体も健康で迎えたいですね。ワークもライフも‘健康維持’は欠かせないキーワードです。
また、これまで人生を分けてきた「教育→仕事→引退」のバランスは、100年時代には引退後が長すぎるということになります。引退年齢は引きあがり、そしてポジティブに高齢期を迎えるならば、‘仕事も生活も楽しむ’ことが2つ目のキーワードです。

 

【next door】

これらのキーワードを軸に、中小企業で働く若手・女性・外国人・シニア層の方々を紹介する冊子『next door』が出来上がりました(H29.11)。next doorとは、ご近所さんという意味。「あなたが働く会社はすぐ近くにあるかも知れません、ちょっと覗いてみませんか!」と、働くことをもっと気軽に身近に感じてもらいたい、という願いを込めています。この冊子の特徴は、一人の社員から会社全体の魅力が見えるというところです。個人が仕事を作業として捉えると部分的な処理になりがちです。しかしそこに‘組織貢献の意識’を上乗せすると、やりがいや工夫が楽しめます。そして他者から評価される仕組みも自然と生まれます。さらに、仕事シーンだけではなくプライベートも結び付け、「趣味が仕事で活きた経験」や「モチベーションの秘訣」などプライベートなオフショットも紹介しています。まさに、みんなちがってみんなイイ!を感じられる一冊です。この冊子から、‘健康’‘仕事も生活も楽しむ’が感じられ、自身のキャリアを描く機会になれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【キャリア相談】

ジョブカフェ愛workは今年度、若者の就職支援だけでなく、生涯にわたるキャリア形成をサポートできる「地域のキャリアセンター」としての機能を強化することを宣言しました。人生に色づけするのはジブンですが、どんな色がいいか、どこでその色を作るのか、どうやって色づけするのか、一人ではできない作業を人や場所を巡って探していきます。
人は安心できる自分の居場所があり、安心して話せる人がいて初めて、積極的・主体的に行動を起こすといわれています。愛workでは、これらを『キャリア相談』という形で活動をしています。仕事人生が長くなるこれからの時代、働き続けるだけでは疲弊も起こります。ときに自分を振り返り、今の位置を確認しながら次のステージをみつめる時間を大切にしたいと考えています。社内の育成面談やキャリア面談の場面でも活用できますし、愛work登録にて個人で利用することもできます。気軽にドアをノックしてくださいね。

人生100年時代には、これまでにない新しい人生の節目と転機が出現し、「教育→仕事→引退」の3ステージから、「マルチステージ」へと変化するとリンダ・グラットン氏は明るく説いています。ロールモデルもほとんど存在しないなかで、スキルや人間関係といった見えない資産(無形資産)をどのように育んでいくかという新しい生き方を実験していく私たち。大切なのは、その変化を楽しむこと。そんな気持ちを心に灯しながら、子どもたちや若者の未来を一緒に作っていきたいと思います。

 

~若者を育てる 大人が変わる~
ジョブカフェ愛work(愛媛県若年者就職支援センター)
企業グループ キャリアコンサルタント 清家 千尋

2017年11月23日更新 | カテゴリー:お知らせ, 企業の方, 愛媛の経済サイト E4, 教育機関・保護者の方